NEWS

稲岡亜里子氏による写真展「EAGLE AND RAVEN」を開催

稲岡亜里子氏による写真展「EAGLE AND RAVEN」を開催

Exhibition INFO】
NYを中心に活躍し、現在は実家である京都の550年続く老舗蕎麦店を継ぐ稲岡亜里子氏。
昨年2月に発表された写真集『EAGLE AND RAVEN』の展示がベルギーで行われ、同展示は今回が日本で初めての展示となります。
アイスランドで出会った双子の姉妹を7年にわたり夏ごとに撮影したシリーズ。タイトルの「鷲と烏」は姉妹の名前に由来し、彼女たちの9歳から16歳までの時期に当たります。
双子の姉妹を通して、偏在する生命の在り方と、それが宿る空間を描き出す注目作です。

■Exhibition
会期:2021/10/15(Fri) - 10/24(Sun)
開廊時間:12:00-19:00 Entrance Free
休廊日:月曜日
会場:Great Books(東京都世田谷区北沢 3-19-20 reload 内)
※新型コロナ感染症の拡大予防に関するお願い
・全てのご来場者へ、マスクの着用をお願い致します。
・入り口にて、検温、アルコール除菌のご協力をお願い致します。
・室内の人数が多いとギャラリー側で判断した場合は、人数制限をさせて頂きます。

■Artist
稲岡亜里子 
京都生まれ京都育ち。17歳でアメリカに留学し、NYパーソンズスクール写真科を卒業。08年AKAAKA舎から写真集「SOL」を出版。09年実家である創業550余年の本家尾張屋の跡継ぎを決め、写真家との両立を始める。11年ベースを京都に移し、跡取り(16代目)として家業を学びながら国際的に写真家として活躍をする。